オフィスで無くてはならない製本機や複合機~知ろうお得な選び方~

プリンター

定額サービスが魅力的

印刷

レンタル業者が行なっているコピー機プランには定額制があり、毎月定額料金を支払うことで本体料金からインク代、保守管理費用などを全て無料で利用することが出来ます。インクに関しても使いたい放題になり、経費節約が期待できます。

詳しくはコチラ

書類関係OA機器

コストを抑えるなら複合機はリースで導入することがオススメです。こちらでオススメリース業者が紹介されいるのでご覧ください。

格安リースのご相談はこちらへ。コピー機など、オフィス機器を初期費用を大幅カットで用意できます。企業の作業効率化をサポートしますよ。

プリンター

書類を管理したり、また活用しやすくするために製本という作業を行うことがあります。製本とは書いて字の如く本のようにまとめる作業の事を指し、実際に本を作る現場でも専用の製本機が用いられています。製本機を用いると、複数の文書を本のようにまとめる事ができ、管理がしやすくなります。例えば企業などでは支払証明書などの重要な証拠書が溜まるでしょうが、こういった証拠書をただ容器に入れて管理したり、またファイリングして管理するというのは面倒で、いざ取り出そうという時に面倒になります。しかし製本機を用いると証拠書の本ができる事になり、冊単位で管理することが出来ます。例えば年度別で管理することで簡単に索引することが出来るでしょうし、紛失してしまうというリスクを抑えることが出来ます。製本機はシュレッダーのようなボックス上になっていて、上から製本したい書類等を差し込むことで自動的に本として作り出すことが出来ます。製本機の製本方式によっても若干変わりますが、ハイスエンドマシンであればホッチキスやパンチを一切せず、本当の本の様にノリやコーティングテープを用いて接着することが出来ます。そのため見開き表示は勿論可能ですし、落丁する心配もありません。
書類の管理の仕方は前述した製本機を用いた方法でも良いですが、製本するまでもないという場合はラミネート機器を用いて行うことが可能です。ラミネート機器では書類をハードコートフィルムで囲い、紙特有の折れ曲がりや摩耗による劣化等を防ぐことが出来ます。ラミネート機器は思っている以上に安価で販売されていて、ラミネート機器とハードコートフィルムを揃えるだけで簡単に作り出すことが出来ます。主に不特定多数の人が使用する書類等をラミネート加工します。
書類の用意をする時はコピー機や複合機といったOA機器を用いることがありますが、OA機器は価格が高く、基本的にはレンタルやリースといった方法で導入することになります。リースもレンタルも最初で契約を行い、毎月決まった金額を支払っていくことで利用することが可能です。両者の違いは利用可能なコピー機や複合機の種類とサービスで、リースは基本新品を提供し、レンタルではレンタルビデオ店の様に中古を提供します。サービスはリースの方が充実していて、レンタルでは短い期間の貸出を対象としているためサービスが付随していない場合もあります。

お得な通話プランが目白押しです。IPフォンを利用するならここへどうぞ。ネットを通じた電話で、費用を大幅カットできますよ。

綺麗にラミネートをすることで見た目をよくすることができます。そのため、多くの人が利用しているのがこちらの業者となります。

Wi-Fi機能が搭載されています!3Dプリンターはコードをパソコンと繋げなくてもデータを送信するだけで好きな形状のものを作り出せます。

比較サービス

印刷

複合機をリース契約かレンタル契約かで迷っているという場合は比較サービスを上手く活用してみると良いでしょう。予算に応じて最適な業者選びをすることが出来るように業者をリストで絞ってくれます。

詳しくはコチラ

モノクロ機を選ぶ

プリンター

コピー機にはカラー機とモノクロ機があり、モノクロ機は白黒印刷しか出来ない代わりにモノクロインクのみしか使用しないためランニングコストを削減することが出来ます。最近ではモノクロインクを無料で提供する業者もあります。

詳しくはコチラ